Utilizzando questo sito acconsenti all'utilizzo dei cookie.  Cookies Policy

japan version http://www.viavenetojazz.it Mon, 29 Nov 2021 12:11:39 +0000 Joomla! - Open Source Content Management it-it VVJ 109 - Max Ionata - Rewind (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/150-vvj-109-max-ionata-rewind-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/150-vvj-109-max-ionata-rewind-jap VVJ 109 - Max Ionata - Rewind (jap)

Max Ionata 
Rewind  Play

 

Max Ionata - saxes
Frits Landesbergen
- drums and vibraphone
Alberto Gurrisi
- hammond organ  
Amedeo Ariano
- drums (on #9) 

 


VVJ 109 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

2016年に、ジャンド・ミュージックとヴィア・ヴェネト・ジャズ・リワインドのために、イタリアン・ジャズとインターナショナル的に最も好まれているサックス奏者達のリーダーであるマックス・イオナータ(Max Ionata)の新CDが好評発売されます。

リーダー、スペシャルゲストとして様々な経験をし、マリオ・ビオンディ、セルジョ・カッマリエーレとオルネッラ・ヴァノーニなどの音楽家達のレコードやライヴにも手をつけ、常にジャンド・ミュージックとヴィア・ヴェネトジャズとともに(レコード四品目)、マックスはこのアルバムを通じてリワインドに試みます。新グループのリーダーとして起源に戻ります。
(ハモンドがあるため、ピアノとベースはございません。)

 


 

Tracklist of "Rewind": 9 Tracks

01 At vic's (Frits Landesbergen)

02 Drum (Max Ionata)  

03 The black hole (Max Ionata)

04 North sea  (Max Ionata)

05 Sunflower (Max Ionata)

06 Bob's mood (Max Ionata)

07 Chovendo na roseira (Antonio Carlos Jobim)

08 Amsterdam after dark (George Coleman)

09 Mr G.T. (Max Ionata)

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Thu, 28 Apr 2016 17:13:43 +0000
VVJ 108 - Lorenzo Tucci - Sparkle (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/147-vvj-108-lorenzo-tucci-sparkle-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/147-vvj-108-lorenzo-tucci-sparkle-jap VVJ 108 - Lorenzo Tucci - Sparkle (jap)

Lorenzo Tucci 
Sparkle  Play

 

Luca Mannutza - piano 
Luca Fattorini 
- double bass 
Lorenzo Tucci 
- drums

with
Flavio Boltro - trumpet 
Karima - Voice (E po' che fa')

 


VVJ 108 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

2016年四月、ヴィア・ヴェネト・ジャズ・スパークルのために、イタリアン・ジャズとインターナショナル的に最も好まれているドラム奏者の一人であるロレンツォ・トゥッチ(Lorenzo Tucci)の八品目レコードが好評発売されます。 このレコードには、トゥッチ自身が作曲したオリジナルな八曲のほか、世界的に有名なスティングとピノ・ダニエーレへのオマージュである二曲が含まれています。トゥッチは、パフォーマーとしての認識された腕前はもちろん、作曲家としての優れた能力を発揮します。 伝統的なジャズのスタンダード・テーマではなく、小さなスイートのようなメロディーアプローチを聞き手に与え、スパークルを予想以上に近代的なジャズのレコードプロジェクトに仕上げます。独特な音楽とピアニストのルカ・マンウッツァと一番若いルカ・ファットリーニはリーダーとともに、活気でエレガントな新フレームを作り上げます。インターナショナル・ジャズのベテランであるフラーヴィオ・ボルトロの好色なトランペットは、このセッションをより貴重に仕上げ、リズム感に完璧に保ちます。 スティングとピノ・ダニエレへのオマージュはジャズスタンダードになり、他例の無い美作品であります。一曲目は、カリマの魅惑的な声にE po' che fa’を任せ、Seven Days は、トゥッチ、マッヌッツァとファットリーニのトリオによって演奏され、スティングの曲の納得力のある未演奏ヴァージョンをプレゼントします。

 


 

Tracklist of "Sparkle": 10 Tracks

01 Sparkle Suite  (Lorenzo Tucci)

02 Past (Lorenzo Tucci)  

03 So One (Lorenzo Tucci)

04 Grow  (Lorenzo Tucci)

05 Keep Calm (Lorenzo Tucci)

06 L & L (A. Sorgini)

07 Two Years (Lorenzo Tucci)

08 Seven Days (Sting)

09 Tarì (Lorenzo Tucci)

10 E po’ che fa' (Pino Daniele)

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Fri, 15 Apr 2016 08:30:20 +0000
VVJ 106 - Enrico Pieranunzi - My Songbook con Simona Severini (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/142-vvj-106-enrico-pieranunzi-my-songbook-con-simona-severini-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/142-vvj-106-enrico-pieranunzi-my-songbook-con-simona-severini-jap VVJ 106 - Enrico Pieranunzi - My Songbook con Simona Severini (jap)

Enrico Pieranunzi 
My Songbook  Play

con Simona Severini

 


Simona Severini - vocals
Enrico Pieranunzi
- piano, electric piano, arrangements, vocals (track 11)
Luca Bulgarelli
- bass
Nicola Angelucci
- drums
Rosario Giuliani  
- alto and soprano saxes (tracks 2,8,10)
Francesco Lento
- trumpet (tracks 2, 5)

 


VVJ 106 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

Jando Music|Via Veneto Jazzにより、Enrico Pieranunzi(ピエラヌンツィ・エンリーコ)の新CDであるMy songbookが発売されます。この有名なピアニストの忠実なるファンも驚かされますことでしょう。現に、ピエラヌンツィはソングライターとして彼自身の例外な役割を表し、彼の音楽世界のエモーション深い新たな観点を示します。  

CDには、彼の11トラックが含まれており、全トラックに彼が書いた言葉がございます。この歌(もしくは、音楽物語)に統一性と継続性を与え、このCDトラックの理想的なコミュニケーションを明らかにするのは、Simona Severini(サヴェリーニ・シモーナ)の魅力的な声です。2012年、Lucio Dalla(ダッラ・ルーチオ)へのオマージュレコードの機会に始まったピエラヌンツィとサヴェリーニのコラボレーションは、My songbookの際に素晴らしく大成功しました。 

ピエラヌンツィによって熟考されたアレンジは、デゥオからセクステットなどの様々なフォーメーションが想定されており、イタリアンジャズのトップミュージシャン達によって演奏されます(ブルガレッリ・ルーカ、アンジェルッチ・ニコーラのほか、ジュリアーニ・ロサーリオ とレント・フランチェスコのゲスト二名)。

ハイポテンシャルな物語性があり、全曲、聴きがいと見出す要素のあるCDです。  

 


 

Tracklist of "My Songbook": 11 Tracks

01 My heart in a song  (E.Pieranunzi - S.Duran)

02 Night bird  (E.Pieranunzi - D.Morrish)  

03 Fairy flowers  (E.Pieranunzi - J.Goell)

04 Coralie  (E.Pieranunzi - A.Zawadzki)

05 Soft journey  (E.Pieranunzi - J.Goell)

06 Premier moment  (J.Risset - E.Pieranunzi)

07 Where I never was  (E.Pieranunzi)

08 Reasons why  (L.Hughes - E.Pieranunzi)

09  Just a song  (E.Pieranunzi)

10 Io non saprò mai perché  (E.Pieranunzi)

11 Non posso sognarti come sei  (E.Pieranunzi)

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Thu, 28 Jan 2016 12:34:19 +0000
VVJ 105 - Alessandro Galati Trio - On A sunny Day (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/139-vvj-105-alessandro-galati-trio-on-a-sunny-day-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/139-vvj-105-alessandro-galati-trio-on-a-sunny-day-jap VVJ 105 - Alessandro Galati Trio - On A sunny Day (jap)

Alessandro Galati Trio 

On A sunny Day  Play

 

Alessandro Galati - piano

Gabriele Evangelista - bass

Stefano Tamborrino - drums

 


VVJ 105 - Prodotto da Via Veneto Jazz

 Logo Via Veneto Jazz  


 

Press release

AAlessandro Galati(アレッサンドロ・ガラーティ)の新作である“On a sunny day”を聴くと、このほか説明できない何かがあります。予想外の極点なハーモニーとともにメロディーが知覚され、メロディーであるかのようにハーモニーデザインはほどけます。 簡単に記憶に残るほどシンプルに行われます。この独特な入り交じりはコンフュージョンの結果ではなく、純粋で明確な音が元であります。

Galatiは、正確なメロディーであり、歌える、たまに悲しみのある、インテンシブな作曲を好んでいます。このようなテーマは、本格的なテーマデザインである向上する和音によって構成されたハーモニープラントにより称賛され、繰り返し提案され、拡張されます。

“On a sunny day”,や“Balloon”、 “Crazy winter in town”、もしくは “In Bejing”を聴く事となるでしょう。歌う事も出来ると思いますが、何度も何度も繰り返し聴きたくなる必要が生じます。何かをさらに見出したい心得をかんじるからです。

メロディーテーマは拡張し続けます。二度目に聴いた時、“何か新しい事を再度行っている”という風に感じながら、このメロディーを歌うと思います。この相当なインテルプレーのあるトリオとGalatiのピアノのキータッチにより様々なシーンが聴き取れます。

“On a sunny day”の魅力さは、シンプルさとコンプレックスさ、清潔さと華麗さ、明確さと変化さなどの二重性にあります。プログラムの変更など、多くの曲がり道を越した旅を終えた到着地であります。前回の旅の最中、見ようとして発見していない物を再度探したくなるような気持ちをかきたてます。この気持ちのおかげ、また旅に出かけさせる魅力さなのです。

 


 

Tracklist of "On A sunny Day": 11 Tracks

01 Baloons

02 Insensatez

03 In Beijing

04 Crazy Winter in Town

05 L’Incontro

06 On A Sunny Day

07 Drop Down Tango Shore

08 Hungaria

09 MMMM

10 Smell of The Air

11 Yellow Brain

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Fri, 04 Dec 2015 20:29:10 +0000
VVJ 104 - Michael Rosen - Sweet 17 (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/137-vvj-104-michael-rosen-sweet-17-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/137-vvj-104-michael-rosen-sweet-17-jap VVJ 104 - Michael Rosen - Sweet 17 (jap)

Michael Rosen 

SWEET 17  Play

 

Michael Rosen - tenor sax

Lage Lund - guitar

Ralph Alessi - trumpet

Domenico Sanna - piano

Matt Penman - double bass

Bill Stewart - drums

 


VVJ 104 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

17歳とは、自分の夢が将来に実現できると思う時期であり、実際にこのアメリカ人のサクソフォーン奏者に起きた事です。今ではもう約30年ほどイタリアに在住しており、大半の時間をローマとロンドンの両都市の音楽的な環境で活動しています。

Rosenは、7歳の時からチェロの勉強を始め、9歳のときにピアノの勉強し、11歳からサクソフォーンの勉強も加えました。以降、中学校と高校のBig Bandのサクソフォーン・コントラルトを務め、ベスト・ソリストとして様々な国立音楽コンクールを受賞。青春時代、彼の興味は、Yes、 Led ZeppelinやTalking Headsなどのプログレッシブ・バンドにありましたが、1985年にボストンに移転して、Gary Burton やGeorge Garzoneなどの令名高いマエストロがいるBerklee School of Musicに通い始め、この時期以降、彼の音楽家経歴のメイン・インスペレーションであるCharlie Parker、Joe Henderson、 Miles Davis、 Stan Getz と John Coltraneなどのジャズアーティストに音楽的な情熱を強固しました。

今日、35年間の国際的なヒットのほか、リーダーとしてCD9枚、サイドマンとして200CD以上を実現し、Bobby McFerrin, Sarah Jane Morris, Mike Stern, スカラ座のオーケストラ、数え切れないほどのヨーロッパ音楽家とアメリカ音楽家のコラボレーションのほか、乱れた長髪の17歳の青年はもう音楽的において成熟し、スターキャストのジャズ音楽家達とともに新しい音楽をレコーディングするために、故郷であるニューヨークに戻りました。

Sweet 17は、サクソフォーン奏者・作曲家である彼の全てのCDと同じく、メロディーの魅力と表現力を十分に活かしながら、ダイナミックに、近代的に発達したコンビネーションを提供します。1980年代にから今日までに習得した経験とこの旅のために彼が選んだ音楽家達の影響が及ぼされています。Lage Lund はギター、 Ralph Alessiはトランペット、 Domenico Sannaはピアノ、 Matt Penmanはコントラバス、そして、Bill Stewartはドラムに選びました。

Michael Rosen、そして、sweet 17の夢が実現されたと容易に断言できます。このCDは、その証拠です。

 


 

Tracklist of "Sweet 17": 10 Tracks

01 Architextures (Michael Rosen)

02 Ebb Tide (Michael Rosen)

03 Sweet 17 (Michael Rosen)

04 Fair Weather Ahead (Michael Rosen)

05 Hopefully (Michael Rosen)

06 Safe As Houses (Michael Rosen)

07 39 Belgrave Square  (Michael Rosen)

08 Yellow Barn Road (Michael Rosen)

09 Jacoby’s Ladder (Michael Rosen)

10 The Way We Were (A. Bergman, M. Bergman, M. Hamlisch)

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Wed, 02 Dec 2015 16:57:15 +0000
VVJ 103 - Ameen Saleem - The groove lab (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/133-vvj-103-ameen-saleem-the-groove-lab-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/133-vvj-103-ameen-saleem-the-groove-lab-jap VVJ 103 - Ameen Saleem - The groove lab (jap)

Ameen Saleem 
The groove lab  Play

Introducing...

Ameen Saleem - electric bass, double bass
Cyrus Chestnut - piano, rhodes, wurlitzer, organ
Jeremy “Bean” Clemons - drums, percussions
Stacy Dillard - tenor and soprano sax
Ramona Dunlap
- vocals
Roy Hargrove
- trumpet, flugelhorn
Gregory Hutchinson - drums
Craig Magnano - guitar
Mavis “Swan” Poole
- vocals

 


VVJ 103 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

Ameen Saleemは、ジャズ・インターナショナル業界において、最もタレントのあるベースギターリストだけではありません。Ameenのインスピレーションは、主にジャズから生じますが(Ameenは、Roy Hargroveの五重奏とbig bandのメンバーです)、彼の音楽は特に決まったジャンルにとどまらず、様々なスタイルのフュージョンであります。 “The Groove Lab”は、Ameenの全ての音楽的な影響を基にした芸術人格を映し出したショーウィンドーであります。また、楽しく美味で上品料理の調理ができる(Ameenがマスターシェフである!)全ての食材が備わったキッチンであります。ジャズ、ソウルとファンキーが統一したネオ・ソウルです。 そして、この音楽の旅を共にするために、Ameenが決めた仲間の選択も、彼のペルソナリティーを語ります。彼の音楽のアイデアとグルーヴを呼び起こす独特な音楽さが特徴なスターミュージシャンのキャストです。 この素晴らしいミュージシャン達は、ジャズやソウルだけを演奏するミュージシャンとは全く違う風に演奏します。楽器編成には、別々の平均律の女性ボーカルが二人、トランペットとフリューゲルホルン、テノール・ソプラノサックス、いろいろなピアノ(アコースティック、ウーリッツァーピアノ、ローズピアノ、オルガン)、ギター、エレクトリックベースとコントラバス、単一なクオリティーを誇るドラム奏者が二人です。 数多くの楽器とその編成は、Ameenを巨大なグルーヴ・ウェーブに乗るサーファーのように、彼の筋の通った音楽のアイデアを常に保ちながら、ファンキーの音とジャズのバラードの間に、ブルースからエレクトリックギターのソロなどに乗り越します。

 


 

Tracklist of "The groove lab": 13 Tracks

01 Korinthis (Ameen Saleem)

02 Epiphany (Ameen Saleem)

03 Don't Walk Away (Ameen Saleem, Ramona Dunlap)

04 I.L.Y.T. (Ameen Saleem)

05 Love Don't (Ameen Saleem)

06 Neo (Ameen Saleem)

07 For My Baby (Ameen Saleem, Mavis “Swan” Poole, Brian Horton)

08 "A" Theme (Ameen Saleem)

09 Best Kept Secret (Ameen Saleem, Mavis “Swan” Poole)

10 Baby It'll Be Alright (Ameen Saleem)

11 So Glad (Ameen Saleem, Tamisha Waden)

12 Possibilities (Ameen Saleem)

13 For Tamisha (Ameen Saleem)

 

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Mon, 02 Nov 2015 14:02:35 +0000
VVJ 100 - Enzo Pietropaoli Quartet - Yatra Vol.3 (jap) http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/126-vvj-100-enzo-pietropaoli-quartet-yatra-vol-3-jap http://www.viavenetojazz.it/catalogue/item/126-vvj-100-enzo-pietropaoli-quartet-yatra-vol-3-jap VVJ 100 - Enzo Pietropaoli Quartet - Yatra Vol.3 (jap)

Enzo Pietropaoli Quartet 
Yatra Vol.3  Play

Enzo Pietropaoli - contrabbasso
Fulvio Sigurtà
- tromba
Julian Oliver Mazzariello - piano
Alessandro Paternesi
- batteria

 


VVJ 100 - Prodotto da Via Veneto Jazz e Jando Music

 Logo Via Veneto Jazz  Logo Jandomusic


 

Press release

2015年7月、 “Yatra vol. 3”は日の目を見る。このニューアルバムはJando Musicエンゾ・ピエトロパオリ“ヤトラクァルテット”Via Veneto Jazzによって2011年に発表された“Yatra”から始まり、2013年に発表された“Yatra vol. 2” に続き、将来的な新しいプロジェクトに向けてヤトラ三部作を締めくくるものである。

このグループは2011年にインドで行われた数回のコンサートで、メンバー内に音楽的また人間的な結束が見出されたことで結成された。このことからYatraというグループ名はヒンドゥスターニー語の方言のウルドゥー語で“旅”という意味の言葉から来ている。

進化し、変化し、また健全である。ピエトロパオリは断固としたクラシック性を信じている。彼の音楽は現在においてもまた後世においても残っていくことができるいう希望がある。“Yatra vol. 3”は前二作品において多くの賛同を受けた彼の音楽哲学を再確認すること目的としている。“Yatra”はJazzItの読者によって“2011年の最優秀アルバムに選ばれ、エンゾ・ピエトロパオリはMusica Jazz の“2011年の最優秀ベーシストに、フルビオ・シグルタはMusica Jazz の“2011年の最優秀新人に選ばれ、ついに2013年ヤトラクァルテットはMusica Jazzのジャズアワードでイタリア年間最優秀グループに選出された。

グループのメンバーの音楽的成長は確実なものであり、“Yatra vol. 3”において注目すべきことは、前二作と同様に典礼的な意味を手に入れたということである。10曲が収録されており、5曲はピエトロパオリのオリジナルであり、情熱的な旋律とスタイル的にはジャンル外という性格を帯びている。他の5曲は独創性のない無秩序を避け、伝統対して厳密になりすぎず新旧の“偉大な”音楽に敬意を払い、今回はスティビー・ワンダー、ジャニス・ジョプリン、トム・ウェイツ、ブラーとダニエル・バカロフによって署名されたジャンニ・モランディの一節を収録している。

伝統に従い今回はパテルネシ、その後マッツァリエロとシグルタとの二重奏を行っている。

このYatraの旅の初めからの変わらぬ同伴者達である、プロデューサー、彼らの協力者、グラフィックアートと印刷事務所、またこのすばらしい冒険の主人公である彼らに。

 


 

Tracklist of "Yatra Vol.3": 10 Tracks

01 Dopo le nuvole (Enzo Pietropaoli)

02 Pescatrici di perle (Enzo Pietropaoli)

03 Coffee and tv (Blur)

04 Altri tempi (Enzo Pietropaoli)

05 Hold on (Tom Waits)

06 Angeli (Enzo Pietropaoli)

07 Mercedes benz (Janis Joplin)

08 Se non avessi più te (Migliacci-Bacalov-Zambrini)

09 Living for the city (Stevie Wonder)

10 Prima le nuvole (Enzo Pietropaoli)

]]>
info@viavenetojazz.it (Super User) japan version Thu, 02 Jul 2015 09:51:53 +0000